つくりびと
2018年5月 70号記念特別号掲載
全国の美術館にて
フリーマガジンとして配布

夢幻世界 mugensekai 足立順子(木版画)、SHOKO(木版画)、神庭瑛子(日本画)のアートギャラリー

足立順子・SHOKO・神庭瑛子の母と娘たちで「幻想と不思議」をテーマに展覧会を行う。それぞれが全く異なった感性で作品を発表。
歴史・文化・伝統・スタイルの中に新しい美意識と自由な心を持ち、進化してゆく作品を創作する。 

Biography

2011年
「夢幻主義 母と娘たちによる幻想と不思議の展覧会」
 in 島根県立美術館ギャラリーⅠ
2012年
「幻想と不思議の世界へ 足立順子と娘たち展」
 in 松江一畑百貨店 美術サロン
2014年
「夢幻世界 異界・境界・愉快な3人の展覧会」
 in 銀座ギャラリーカノン
2014年
「夢幻世界 異界・境界・愉快な3人の展覧会」
 in 島根県立美術館ギャラリーⅠ
2017年
「夢幻図書館展」
in 島根県立美術館ギャラリーⅠ・Ⅲ
2017年
「第2回足立順子と娘たち展」
in 一畑百貨店美術サロン

A r t i s t

足立 順子

Gallary >>

Junko Adachi

島根県松江市出身
2月2日  みずがめ座  AB型
版画家
1998年
国展(国画会版画部)
初出品初入選  以降連続入選
2001年
個  展  in松江市茶山ビル
2002年
国画会  会友推挙
2003年
  ?
2005年
朝日新聞詩歌欄(島根版)の挿絵掲載
2002年
個  展  in一畑百貨店美術サロン
2009年
国画会  準会員推挙
2017年
国画会 会員推挙
無限に広がる宇宙の闇は数多の神話や物語を生み、人もまたその闇から生まれた。すべての始まりである宇宙空間の、目には見えない世界の時間と空間を創造することに興味がつきない。過去、現在、未来、そして現実と非現実の交錯するクロスオーバーな境界世界を木版画の手法で表現

SHOKO

Gallary >>

島根県松江市出身  
7月25日  しし座  A型
奈良芸術短期大学クラフトデザインコース卒業
松江版画会準会員
2013年
国展(国画会版画部)
初出品初入選
2014年
国展入選
幼少の頃から母の影響もあり、草花を写生、ものづくりをして過ごし、木版画、油絵に触れる。その後、立体アートに強く惹かれ、モノづくりを学ぶため奈良芸術短期大学クラフトデザインコースに進学。専攻はステンドグラスとメタルアート。卒業後は、主に木版画を制作。
版画には絵画とモノづくりの両方の要素を併せ持った力があり、自分の意志と時にモノづくりが生む偶然性に面白味がある。
海中生物や想像が広がる宇宙を大胆にユーモラスに表現。

神庭瑛子  Eiko Kamba

Gallary >>

島根県松江市出身  
1月12日  やぎ座  A型
日本画
夢幻文字作家

幼少の頃から小さく、繊細で美しいものに興味を持つ。
その後、漫画、アニメ、小説、イラストレーションと出会い、歴史、宗教、文化の知識を深める。作品には摩訶不思議でどこか可笑しみのある絵が多く、それぞれに物語や、題名につながる意味を絵の中に見ることができる。タロットカードシリーズはその最たるもの。

→「夢幻文字」制作のお問い合わせはこちら